忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 初摘みダージリン

本日30日発売、「午後の紅茶 ザ・パンジェンシー 初摘みダージリン」です。
キリンビバレッジとセブン&アイの共同開発らしく、セブン系列でしか取り扱っておりません。
セブンイレブンを回ってみましたが、わりと大きめの店舗でようやく発見という感じでした。売り場少ないのかも…?
詳細についてはニュースリリースにて。
http://www.beverage.co.jp/company/news/page/news2012102301.html

さてこちら。ついに出ました。
無糖・無香料の紅茶飲料!!!
無糖といいつつ実は甘いとか言うこともありません。正真正銘お茶です。
紅茶100%でこれはかなり珍しい。
20121030.jpg
広口キャップを開けると紅茶の香り。
香料じゃない!これだよこれ。
香りをかぎつづけると慣れてきて匂いを感じなくなりますが、ダージリンの香りが確かにします。
強い香りではなく、柔らかな香りに集中するのもまた良いものです。


そしてですね、今こそ言わせていただきます。
今まで、濁りのないアイスティーを作るために止む無く、とか
常温保存で1年賞味期限があり、一般的に流通してる商品を作るからしょうがない、とか
生産・流通・販売の料金込みで150円という値段を考えたらこんなもの、とか

思ってました。
思ってましたとも。
おいおいこれは150円なんだから、1ポット数百円の紅茶専門店の紅茶と比べてどうすると。

だがこの商品は、濁りのないアイスティーで常温保存で1年賞味期限があり生産・流通・販売料金と消費税込みで157円。
しかもダージリン100%でうちファーストフラッシュ82%?


今ある紅茶飲料は一体何なんだよおおおおおおおお!!!!

赤字じゃないの?ダージリン100で赤字にならないの?
なら既存の紅茶飲料ももっと茶葉つかっ(ry
うーうーうーヽ(`Д´)ノウアウアウア
声にならない叫びが色々溢れてくるーーーーーー

あ、原材料こんな感じです。
201210302.jpg

そんなに美味いのか?と思われると、正直なところ薄いのは薄いと思います。
でもちゃんとダージリンでした。
Lピシアのダージリンフェスタで出てくる試飲カップよりはしっかりしてるんじゃないかと。
ホットでも飲むことができ、個人的には
冷たいと水出し的な味わい、華やかな香り
温かいとちょっと緑っぽい味が出てくる感じ、風味はやはり温かいほうが強め。
好みはその中間の人肌くらいのやつ

という感じでした。

液色が薄いと「本当に紅茶なのか?」という苦情が入ると聞いてますが、この色で、この香りで、この味で、この値段で
コンビニに置ける商品が出てきたっていうのは色々な意味で本当に凄いなぁと思います。

午後ティーはどこへ行くつもりなんでしょう。
森永リプトンとは別の方向で、どんな紅茶を消費者に飲ませたいと考えているのでしょうか。
本格的な紅茶?ポットから淹れたような紅茶?
だとしたら、この辺で限界にしてもらわないと、市販紅茶よりも自宅で作る紅茶のほうが高コスト(手間賃含む)になる日は近いかなと。
これだけしっかりダージリンの風味がするダージリンの茶葉やティーバッグってそれなりの値段しますから、なおさら。

や、ほんと、紅茶を飲むなら自分で抽出する必要はないわけで、
あえて手をかけることが趣味という方か、茶葉を買うのが趣味みたいな方(何故か耳が痛い)じゃないと茶葉買うメリット無くなっちゃうのかもしれない。


…と、言いつつも
きっとこれは期間限定で終わるし、発売期間が終了したらまたいつもの紅茶飲料に戻りそうだな、という気もする。

なんだか色々と考えさせられる一品でした。
最後に素直な感想を言わせていただくと、午後ティー開発チームの皆様は本当に凄い。


ちなみに今、Twitterでこの商品の引換券が当たるキャンペーンをやってるようです。
11月12日まで。1日1回応募可能です。
Tea for Twoキャンペーン http://teafortwo.jp/
Comment(2)

午後の紅茶エスプレッソティー・アールグレイを飲んだよ

本日発売、午後ティーエスプレッソシリーズの新作 アールグレイ味を飲んでみました。
巷ではよくアールグレイをミルクにする話を聞くし、かなり一般的みたいなのですが
私個人はあまりそういう習慣が無く、以前に飲んだアールグレイミルクティーは?と聞かれてもちょっと記憶にないですというくらいのレアさだったりします。
嫌いとかそういうわけでなく、何故かアールグレイでミルクは作らない。
多分、家に積みCTCがいっぱいあるからそっち消費しないとという思考によるものだと思います。
 
 
というわけで、お買い上げ。
20121016.jpg
香りはアールグレイかとおもいきやベルガモットの香りがせず。
代わりにいつもの紅茶香料臭がします。しかも結構強い。ここ最近で一番じゃないかと思うくらい強い。
しばらく待つと揮発するのか、そこまで強さを感じなくなります。
 
 
味は結構面白い。
最初は普通のミルクティー。このシリーズ共通のしっかりした甘さを感じます。
後味は爽やかで、ベルガモット効果を感じるのですが、
そのさらに後、
 
がっつり抽出しきったアールグレイに感じる独特の風味が舌に残る!
「柑橘系入ってました」と主張するようなあの苦み。
おおおこれはアールグレイだ。
ガッチガチに抽出しきったアールグレイだわww
 
これは好みが分かれそうかと思いますが、個人的にはこの苦みと飲料の甘さのバランスはくせになる感じで好きですw
万人におすすめはしませんが、アールグレイが好き、もしくは一度でも、うっかり抽出しすぎたアールグレイを飲みきったご経験のある方は楽しいかもしれませんw
 
なるほど今度アールグレイを作ってうっかり濃くし過ぎた時はミルクを入れてみよう。
Comment(2)

午後の紅茶ザ・パンジェンシー 茶葉2倍ミルクティー飲んでみた

なんかもう、茶葉2倍が帰ってきた!!という感じです。
本日発売、午後の紅茶ザ・パンジェンシー茶葉2倍ミルクティー
20120911.jpg
 
やはり茶葉2倍はウバ100%のほうが美味しいと思う。
…と、安堵しつつ、ダージリン入りの前作になじめなかった自分の視野の狭さに反省もしております。
 
 
香料は控えめ、いつもの紅茶香料の香りです。
前作は独特な香りと強めの香料だった記憶があるので、それと比較すると随分落ち着いた感じかな。
 
飲んでびっくり。
ウバだわ。
 
後味にちゃんとクオリティウバっぽいメントールの香りが…ほのかに、ほのかに入れてきたこれ!すげぇ!
邪魔にならない程度のウバの香り、多分気が付かない人は気が付かない。
でも、ウバ紅茶はメントールの香りがする、と知らない人が飲んだらこれ「変な香料が入っている」と思われてしまうような気がしないでもない。そこんとこちょっと心配です。
 
全体的な味はスッキリとした飲み口で、渋みは以前より控えめのような。
「ザ・パンジェンシー」と銘打っておりますが、渋みを抑えて比較的万人受けする紅茶を作るべくして作ったという印象です。
うん普通に美味しい。
 
室温になじんでしまってもキレがある味。
これはホットで飲んでみたいな。
 
 
原材料がシンプルなのも好感度高いです。
紅茶・牛乳・砂糖…あとまぁ香料とかモロモロ調整剤がはいってるのはしょうがないとして、昨今の紅茶飲料としてはかなりシンプルなほうではないでしょうか。
201209112.jpg
 
ウバを茶葉で飲んだことが無いという方がいらっしゃいましたら是非、
紅茶にしては珍しいメンソールの香り、溢れる清涼感をぜひ味わってみてください、楽しいですw
Comment(0)

紅茶は茶葉をローストしても美味しいよ~リプトン ローストミルクティー飲んでみた~

本日発売、リプトンのローストミルクティーです。
20120821.jpg
紅茶の茶葉を煎って、焙じ茶状態にした紅茶を使って作られたミルクティーです。
紅茶で焙じ茶なんて珍しいと思われるかもしれませんが、普通の焙じ茶とあまり風味は変わらないように感じます。
 
特にこのローストミルクティーは、以前飲んだ焙じ茶ミルクティーのチルドに似ている…
もうちょっと濃ければ似ているw
 
ちなみに過去、ローストした茶葉を配合するのは午後ティーのエスプレッソ黒でもあったのですが、
あちらはあまり焙煎風味を前面に出したものではなかったので、言われないと気がつかない感じでした。
 
今回のリプトンさんは、この辺とてもはっきりと焙煎の香ばしさを感じます。。
そのせいか、美味しいは美味しいですが紅茶っぽくない(いつものことだけど)ので、紅茶として期待して買うとちょっと違うかなと思わなくもない。


茶葉を煎ると、熱でカフェインが分解されカフェインの量が少なくなるので、カフェインを気にしている方にとっては焙じ茶オススメです。
焙煎されている香ばしさが出て風味が変わるので、
飲み飽きたとか、味わいを変えてみたいなんてときにフライパンで煎ってみるとお手軽に焙じ紅茶ができます。
そんな自分で作るのは手間だわーというときは、私イチオシはもちろんhoateaさんの「えがお」
水出しでもいけるんですよこれ。ウマウマです。(えがおのレビューはこちら


紅茶は本当に飲み方のバリエーションが広いなと改めて思う1品でした。
 
Comment(0)

無炭酸 コーラティーとは一体…

本日コンビニにて発見。
これは一体……
20120807.jpg

まさかのコーラティー。
無炭酸。

「ありそうでなかったシュワッとしない不思議な味わいを楽しむのじゃ!」
というキャッチコピーがついております。
ええと………シュワッとしないって否定形で全然魅力的な言葉に聞こえないのですがそれ、いいんですか。


ちなみにアレンジティーとしてのコーラティーは普通に美味しいです。
といってもコーラの味が勝ってしまうのであまり紅茶らしさはありませんが、
ほんのり紅茶っぽさを感じるコーラとして問題なくいけます。
レモンを足しても◎

でもそんな一部のネタ紅茶クラスタしか知らないような楽しみが
こんな普遍的な商品として流通してるってどういうことなのーーーー

しかも無炭酸。


早速開封です。


香りはまさにコーラ。
ただ色はかなり薄く、普通の紅茶飲料の色にも届いてない感じ。
紙パックリプトンの、コーラ香料入り紅茶という感じがしました。

あと酸味料を使ってるのか若干酸っぱい。
気が抜けてほんの少しだけ炭酸が残ったコーラ感にとても近いです。

決して不味いわけではなく、まさにコーラの香りがついた紅茶という感じですが
2回も飲みたいとは思わないですw
話のネタに、気になったかたは…という感じですw


Comment(4)
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]