忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「SHERLOCK」シーズン2の紅茶シーン

TLで教えていただき、ゆっくりと「SHERLOCK」を見ております。
「SHERLOCK」はBBCが作成した英国ドラマで、文字通りシャーロック・ホームズの話なのですが、舞台は21世紀の英国。
スマホやネットが謎に大きく関わってきたり、ワトソンとホームズがブログを書いていたりします。しかもこの演出が非常にスタイリッシュ。
この面白さはなかなか文字では表現できないので気になった方は見ていただくとして

シーズン2では紅茶を飲むシーンが多く出ていたようなので、チェックしてみました。

①バッキンガム宮殿で依頼を受けるときの紅茶

右側の男性(ホームズのお兄さん)が「お母さん役だ」と言いながら紅茶を注いでいます。
さすがに宮殿では豪華なカップ&ソーサーを使っているようです。
画像がかなり小さいのですが、中央にミルクピッチャーとシュガーポットらしき物体が見えます。

②職場の紅茶
イングランド銀行 偉い人のデスク

ドラマ内では役職は名言されていなかったと思いますが、頭取っぽいのかなと。
デスク上にミルクピッチャーが見えます。
ということは、さほど離れてない場所にティーポットもあると思われます。
優雅な職場だなぁ。

一方こちらは刑務所、所長?のデスク。

書類が積まれており、紅茶はマグ。
なお、両名ともショックな出来事が起こった事を「ミルクティーをこぼす」事で表現してました。


③シャーロック・ホームズ邸ティーセット
ちゃんとした生活を送っていなそうなシャーロック・ホームズですが、来客用のティーセットは常備しているんですね。

右上にちらっと映ってるほんのり青く見えるものは、火にかけている途中の透明なヤカンです。もしかしたらフラスコか何かかも。

ちなみにゲストの好みを聞くことなく、ミルク入り、砂糖なしで出してました。

ポット、そしてカップにイギリスの地図と王冠模様がついております。
アリ・ミラーという方が作られているもののようで、カップ&ソーサーは約30£
ポットは65£です。
公式サイトはこちら(英語)

これは…ちょっとかなり欲しい。


イギリスでは本当にミルクティーがよく飲まれているようですね。
ミルクピッチャーをこんなに見かけるとは思いませんでした。


作品内ではコーヒーも同じくらい登場しており、同じくらいお酒の登場も多いですw
かなり飲料を飲んでいる、飲んでる描写はなくても画面に写り込んでいるカップが多いドラマではないかと思います。

飲み物以外でも非常に面白いお話。
シーズン4の作成まで決定しているらしいので、今から楽しみです(´∀`*)
 


Comment(0)

変わり種マグカップ集

先日、どういうきっかけかは忘れたのですが
「ビスケット収納スペース付きマグカップ」
なるものを見つけてしまいました。

その時「これ、他にもあるだろう」
と、私のネタセンサーが反応いたしまして、
探してみたらあれですね、世の中には面白いマグカップがたくさんありますね。

というわけで、久々に動画(といってもスライドショーですが)にしてまとめてみました。


いやー、海外のマグカップは面白いものが多いです。
日本のものはみんな大人しいんじゃないかしら?もっとネタに走っていいんじゃないかしら!!
…とか思っていて、動画投稿直後にスイカマグカップを見つけたときの絶望感といったら無かったです。

なぜコレを見つけられなかったし私…

ちなみに、個人的なお気に入りはマリオの土管を模したマグなんですが
いかんせん緑色のため、これに紅茶を入れるとストレートでもミルクでもあまり美味しそうにならないだろうなぁというのがささやかな悩みポイントです。

あとやたら細長いカップ&ソーサーもかなりのお気に入り。
洗いにくい、バランス悪そう、飲みにくそうと不便が多そうですが、笑いが取れる。
いや私自信はたいして面白くもなんともない人間なので、笑いがとれるツールというのは大 好 物 で す ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ


最終的にはやっぱり実用性で選んでしまうかもしれませんが
少しのユーモアでティータイムが楽しくなったりしたら
それはまた楽しそうだなと思います。


Comment(4)

レンジで2分ミルクティー

この間All aboutさんで記事になっていた、レンジで作るミルクティーを作ってみました。

レンジで紅茶を作るって、ゴールデンルール無視だしポットでもないしどういうこっちゃと言われそうですけど、
そこまで悪い条件じゃ無さそうな気がするんですよね。
高熱のお湯を作る過程が、ガスなのか電気なのかはどっちでもいいわけだし。

特に牛乳を暖める場合なんか、鍋肌に触れている部分は確実に高温になり、タンパクの変質がどうちゃらとかいうのが
レンジだとワット数と時間さえ決まってしまえば、加熱しすぎる事もないですし、


とかなんとか言ってみましたが
やはり一番は「楽」です、果てしなく楽です。
今回作ってて思いましたが、材料を入れたらもう「レンジが作ってくれる」的なこの感覚。
すばらしい。
朝にはばっちりですね。

というわけで、感動を伝えるべく動画にしてみました。


うう、でも動画作成がへたっぴぃなのであんまり伝わってない。がっくし。

とりあえずレンジミルクティーのメリットとしては
・飲み頃の温度のものが作れる
・コンロがなくても作れる。コンロ数少ない方特にオススメ
・ほかの作業中でも、慌てて火を止めたりする必要がない
・とにかく早い。水の状態から2分弱でできる


こんな感じでしょうか。
時間があって美味しいものが飲みたいという時はポットがいいと思います。


動画では手元にあった日東デイリークラブを使用して作りました。
個人的には、日東デイリーはストレートのほうが良いかなと思います。
代わりにオススメなのが、最近成城石井で買えるようになったらしい「PGTips
なんとAmazonでも買えるみたいなのでペタ。

これはティーバッグ1個でしっかり濃厚な味になりました。
美味しいです。レンジなのに!w
さすがティーウィズミルクのお国の紅茶!


これから冬になりますし
難しい事は考えずに、起き抜けの暖かい紅茶楽しんでくださいまし。
身も心も温める、慌ただしい時にほっと一息つく。
これこそお茶の醍醐味ですのぉ。


Comment(4)

【ニコニコ料理祭】トマトを使ったアレンジティー

ぼちぼちと紅茶動画を作ったりしているのですが、タイミング良く「料理祭」が開催されると聞いて
思わず参加してしまいました。


【料理祭出品作】トマトのアレンジティー作ってみました

テーマは「トマト」です。
もうどうしたもんかと思ったのですが、素直にジャムにしてセパレートティーを作成してみました。
というかこれ以上無理でした。
ピューレやコンポートとかにもしてみたんですが、私の力量ではとても・・・

●一応補足的なこと
トマトジャム作成時
レモンは気持ち多めに入れるといいかも
紅茶にする場合、トマトの種はほんとうにしっかり取り除いたほうが臭みが少ないです。

今思えば、ピューレとジュースを合わせたアレンジティーのほうがよかった・・・か?
ホットだとこの方法で行けそうな気も・・・
いやでももう作る気力が(ry

そして今日も紅茶を飲むべく遠征してきました。
今日はがんばった。2時間も電車に揺られて
chigasaki.jpg

砂まじりの茅ヶ崎ですよ。

 ←砂まじりの茅ヶ崎参考画像

ここはとても斬新というかなんというか、
あくまで私調べですが、多分
日本で一番ハーフパンツ密度が高い街ではないでしょうかここ。

すれ違う男性のハーフパンツ率が非常に高いです。
しかも、若者よりもむしろ年配の方のほうがハーフパンツ。綺麗に日焼けしてるし、非常に若々しく感じられます。
親子でおそろいのハーフパンツとか。仲睦まじいですね。
そろそろ秋な今の時期でこれだけお見かけするという事は
夏はもっと密度が高くなるに違いありません。

ググってみるとアロハにハーフパンツというのが茅ヶ崎男性の正装のようです。
海の男ですねぇ~、
というか、海水浴場の男ですね。


・・・あ、紅茶屋はどうしたって?



閉店してましたウワァァァヽ(`Д´)ノァァァン!


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
壮大なる無駄足を踏みながらランキング参加中!
Trackback(0) Comment(0)
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]