忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509]  [508]  [507

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午後の紅茶エスプレッソティー・アールグレイを飲んだよ

本日発売、午後ティーエスプレッソシリーズの新作 アールグレイ味を飲んでみました。
巷ではよくアールグレイをミルクにする話を聞くし、かなり一般的みたいなのですが
私個人はあまりそういう習慣が無く、以前に飲んだアールグレイミルクティーは?と聞かれてもちょっと記憶にないですというくらいのレアさだったりします。
嫌いとかそういうわけでなく、何故かアールグレイでミルクは作らない。
多分、家に積みCTCがいっぱいあるからそっち消費しないとという思考によるものだと思います。
 
 
というわけで、お買い上げ。
20121016.jpg
香りはアールグレイかとおもいきやベルガモットの香りがせず。
代わりにいつもの紅茶香料臭がします。しかも結構強い。ここ最近で一番じゃないかと思うくらい強い。
しばらく待つと揮発するのか、そこまで強さを感じなくなります。
 
 
味は結構面白い。
最初は普通のミルクティー。このシリーズ共通のしっかりした甘さを感じます。
後味は爽やかで、ベルガモット効果を感じるのですが、
そのさらに後、
 
がっつり抽出しきったアールグレイに感じる独特の風味が舌に残る!
「柑橘系入ってました」と主張するようなあの苦み。
おおおこれはアールグレイだ。
ガッチガチに抽出しきったアールグレイだわww
 
これは好みが分かれそうかと思いますが、個人的にはこの苦みと飲料の甘さのバランスはくせになる感じで好きですw
万人におすすめはしませんが、アールグレイが好き、もしくは一度でも、うっかり抽出しすぎたアールグレイを飲みきったご経験のある方は楽しいかもしれませんw
 
なるほど今度アールグレイを作ってうっかり濃くし過ぎた時はミルクを入れてみよう。
Comment(2)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
キリンの午後ティーのペットボトルが今日コンビニでみたところ、でぃずに~柄になってプーちゃんがたくさん描かれるパッケージがなんともかわいい^^
飲むよりも買ってみたい・・・グッツ感覚でかっちゃいそうですね~。プーちゃんのはちみつの容器と同じ形でのペットボトル飲料になっていたら、即買って飲んでたのしめるんですけれどね(^^)
ふと思ったんですが、ディズニー公認の紅茶(茶葉)ってあるんでしょうか~。(スヌーピーならフィーユブルーですが
みかん 2012/10/24(Wed)22:57 編集
無題
みかんさん>
早速コンビニに探しに行ってきましたがいっぱいタイプが見つからず…
Twitterで見かけたドナルドいっぱいタイプも可愛かったので、そっちも楽しみです(´∀`*)ウフフ

ディズニー公式…ちょっとググってみた限りでは見つからずですが、おみやげの紅茶はとても美味しかった記憶がありますw
やな 2012/10/26(Fri)07:54 編集
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[03/10 やっと閉店]
[12/25 12/27最終営業日]
[12/03 ついに廃業]
[11/01 最近電話が不通になりました]
[10/31 最近電話が不通になりました]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]