忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

衝撃の1ポット2万円紅茶が置いてあるカフェ(で、普通のお値段の紅茶を飲んできた)

お茶にこだわりのあるお店が麻布十番にあると聞いてお出かけしてまいりました。
場所は麻布十番ザ・ダージリンさんから徒歩3分あるかないかの距離。
ザ・ダージリンさんから徒歩3分あるかないかの距離です。
大事なことなので2回いいました。
 
2フロア構成の見るからにシャレオツなお店、この店が表参道にあったら、私なんぞは見ただけで逃げ出したくなりそうです。
詳しいレビューはいつものようにサイトの方にて
 
店員さんも笑顔が素敵ないけてる男女で、非常に気分良く過ごすことができます。
むしろ何度か「紅茶の味は濃すぎませんか?濃かったら言ってくださいね?」と、何かを心配するかのように様子を伺いにきてくださり、
あー無愛想で目線を合わせないように紅茶をこっそり飲み、(・∀・)ニヤニヤしながらメニューの写真撮ったりスマフォいじったりしてるせいかなーと思ったりして、
もし世の中に女子力ならぬ「客力」があるなら圧倒的に不足しててごめんね(・ω<) てへぺろ
くらいの申し訳なさをひしひしと感じるのでした。
 
いやでも今回ばかりはちょっと事情があってですね
メニューを開いたら真っ先に見えたのが、これ
 
20121118.jpg

( ゚д゚) ……?

(つд⊂)ゴシゴシ (;゚д゚)…… (つд⊂)ゴシゴシ _, ._ (;゚ Д゚) …?!
 
 
2万円!?
 
 
こ れ は 一 体 
3分も離れていないザ・ダージリンさんで茶園指定ダージリンが700円で飲めるというのに
ぶっ飛んでる、ぶっ飛び過ぎている。
昔あったMドBさんの1ポット2000円は、紅茶自体も薄くぼったくり価格だけしからん!という気持ちが強かったのですが、
ここまでくるともう笑いがこみ上げるというか…
一体どんな人が頼むんだろう、今まで何ポット注文が出たんだろう。興味津々すぎます。

ちなみにリーフルさんお好きな方はお気づきかと思いますが、この1ポット2万円の紅茶、
ロットと名前から推測するに2011年のセカンドで30g3150円で売られていたものです。
仮に1ポットあたり茶葉を5g使ったとしても茶葉代はせいぜいごひゃく…おっと誰か来たようだ…


下にちらっと見えてますが他の紅茶はそこまで高額ではなく、
まぁ1ポット1200円なのでちょっと高いなーとは思いますが、1ポットがわりとたっぷり出てくるので、たっぷりゆっくり飲みたいという時でなければ、ハーフポット650円でも充分かなと思われます。
そう考えると麻布十番なのに少しお安め。
201211182.jpg
おしぼりはいい香りするし、水はレモンいれてあるし
お砂糖がスティック状のシャレオツな形だったりして、
本当にこだわりのカフェだなという感じです。

食事メニューが充実していて比較的安価らしく、近所のお客様が結構多そうな感じでした。
割と良心的なお店だと思うのに、やはりこのぶっ飛び価格がじわじわ来る…

紅茶は少し軽めですが、注文時にミルク用かストレート用かを聞いて淹れているようなので
ミルク用を注文してそのまま飲むというのもありなのかも。
気になったかたはぜひぜひw
2万円にチャレンジしたら教えてくださいww
 
Comment(4)

これだ、こういう落ち着くカフェが好きなんだ!〜一軒家カフェikkAさんに行ってきた〜

ふらふらと歩き疲れて喉が乾いたな…と思った頃、突然目の前に現れる、どこか懐かしさを感じさせる家
そこから漏れる暖かそうな光と、ちらりと見えるオシャレな内装に心を奪われる。
お店に入ってみると漆喰が塗られた素朴な内装、なのに手作りのディスプレイがそこここにあり、
古い・優しい・オシャレと三拍子揃ったステキなカフェ。

ブランド物ではなく、優しさにこだわった素朴で可愛らしい器、
身体のことを気遣ったメニュー構成。
足の疲れを癒しながらそこでほっこりとチャイを飲む…


ああ、ということは、紅茶屋さんにたどり着くために迷子になるというのは
良いことだ、良いことなんだ。喉も乾くしお腹もすくし!
自分は今、この旅路の果てに、素晴らしい紅茶屋さんとめぐり合うために
今こうして墨田区を彷徨っているっ!!!!


というわけで、盛大に迷子になった時に見えた奇跡の光
一軒家カフェikkAさんに行って参りました。

外観がブレた…(;´Д`)

地図を見ていただくとわかりますが、押上駅から徒歩5分ちょいくらいの近さ。
これだけ近くてどうして迷ったのか自分でもわからない。
普通のかたは普通に行けると思います。別に迷う要素は無いのです。


ikkAさんの魅力は上に書いた通りで、なんとも雰囲気のある古民家で、素朴で可愛らしい器を使い、身体に優しいメニューを出してくれるというスーパー癒し空間です。

ガチガチの紅茶屋さんという訳ではないと思われますが紅茶も美味しく、
カフェだけでなく、お茶と器の展示、ステンドグラス教室など雑貨にも力をいれているご様子。
お邪魔したときは「本と紅茶」をテーマにした展示がされておりました。
これまたステキ!
201211111.jpg
メニューのほうにはミツティーさんのコメントもありました。
201211112.jpg

紅茶はルピシアさんのを利用しているようで、「ゆめ」や「セ・パフェ」などが楽しめるようです。
お値段はポット1杯500円〜
詳しいレビュー等はサイトのほうをご確認くださいませ。


201211113.jpg
いただいたのはセイロン・モンテクリストと、紅茶とクランベリーのパウンドケーキ。
パウンドケーキが甘さ控えめで、ちょっと塩気?を感じるような味わい。これがまた素朴で旨い!
紅茶は少し軽いかな?と思いましたが、パウンドの甘さが控えめなのでこのくらいの優しさで丁度いいのかも。

お子様連れのお客さんが多く、時折非常に賑やかだったりしますが、
夜カフェとかは凄く雰囲気が出るんじゃなかろうかと思われます。
いいなぁこのお店で夜カフェしたら雰囲気ありそうでいいなぁ…


そしてこちらのお店で紅茶屋さんレビュー160店舗目となりました。
以前に紹介したセイロンドロップさんのレビューをまだ書いてないので(あの時はグランドメニューがまだ登場してなかった)ちょっとその辺前後してるんですが…

とりあえず紅茶屋さん全部回ってからと思ってましたが回れそうにないのでw
そろそろTea for Life的ベスト5とかやろうかなと考えてます。


一軒家カフェikkAさんのレビューはこちら
160店舗並んでちょっと見にくくなってきている紅茶屋さんリストはこちらw

Comment(0)

池袋 ハロッズティーバー 〜カジュアルの中に本気が光る〜

………行く前までは随分評価低いなと怪訝に思っていたんです。
そりゃリリースは無駄にゴージャスでしたよ「世界初のォ!」とか「高級紅茶店ハロッズ様がァ!!」とか、煽りやがってとか思ってました。
それでもカジュアルという記載はちゃんとあったし、サンプル写真は紙コッププラカップだったわけだから、店も紅茶もある程度簡素であることは周知の事実のはず。
まさか、カジュアルですよと明記してても実際にカジュアルだと不満を持たれるのか?紅茶屋は。
とか思ってたんですけど
 

どう見てもフォション売り場にしか見えない場所にNo.14様が積まれてて、
ふと顔を上げると…まさか…まさか…ここ?

まさかここが、このフォション紅茶売り場の一角がハロッズティーバーなの!?

さて問題です。イートインスペースはどこでしょう。
201211092.jpg
ちょっと写真が小さいので見つけにくいのですが
茶色いコートのお姉さまとカウンターの間にある白い板状のものが椅子です。
 
201211091.jpg

…リアルこんな感じになりましたわ。

別に優雅である必要もゴージャスである必要もないんですけど
まさか3席しかないとは。しかもこんな見つけるのが危ういほど狭いとは。
 
 
改めて言わせていただきます。
x-large bold color:redで言わせていただきます。
プレスリリースめ煽りやがって。
 
 
言い過ぎじゃないですかと思われそうですが
プレスリリースと併せてお読みいただき、膨らんだ希望を当サイトにて一旦落ち着かせていただく必要があるように感じましたので。
ぜひ、相殺されて残った感情のみをお持ちになって向かわれてくださいませ。

場所は、東武百貨店地下の、ルミネに一番近いエリアです。ルミネを目指して行くと良いかも。
 
 
さて気を取り直して紅茶。
ホットティーはティーバッグでの提供、お値段は321円〜とありますが、実際に払うお金は320円です。
百貨店の消費税表示マジックですね。
201211093.jpg ←クリックで拡大

注文したのは14様。
ティーバッグでの提供になり、出てきてから1分ほど待つように言われます。
201211094.jpg

実際に1分まつとちょっと薄いかなという感じなので、お好みの濃さになるまでカップ内で放置。
フタは飲み口穴が付いているので、フタしたままでも楽しめます。

さあここからがハロッズ様の本気スタート。

まず紙コップが二重。
これ同じ紙コップを単に重ねているだけじゃなくて、中専用紙コップと外専用紙コップの二重構成。
中はブランドロゴ無し。

二重になっててもかなーり持つと熱く、紙の帯欲しいなと思ったんですが
登場するときもティーバッグのタグの「Harrods」と書かれている面をわざわざ蓋の上に乗せて出してくるんですよ。

もしかして、中紙コップにロゴがないのは二重にしたときロゴが透けないようにするため?
帯が無いのは紙コップに燦然と輝くハロッズロゴが隠れるじゃねーかと、そういう事なのですか?
大丈夫です、私熱くても全然持てます(`・ω・´)b


そして紙コップの後ろに映る品々なんですが、
右二つは砂糖とガムシロ、一番左は何かというと、これミルクです。
ミルクがコーヒーフレッシュじゃないのです!

というわけで試しにミルク投入してみたところ、
カップから甘くてふくよかな香りが立ち上り、飲むと口の中にミルクの甘さと紅茶の旨みが広がり
ああ…あああ……すごく良いミルクだこれ。

320円でこのミルクとか本気過ぎる。
201211095.jpg
美味しいー幸せーーー!!来て良かったーーーー!!!!

こちらのお店では、アイスティーの上にソフトクリームを乗せた可愛い紅茶もあるのでそれも試してみたいところです。


感想としては、細かいところにもきっちりと配慮が行き届いて、茶葉の値段を考えると320円は良心価格。
ミルクティーは神。
店舗構成でだいぶかなりひどく損してる。
ティーバーというより、ハロッズ物販コーナーにたまたま有料試飲コーナーがあったよ、みたいな感じで行くと良いのかも

という気がいたしました。

最初見たとき、店のあまりのコンパクトさに衝撃過ぎてそのまま帰ったんですが、
一度飲んで慣れてしまうと3席とかどうでもよくなります。
が、近くに座れる場所もないので、飲む場所がないのが非常にネック。
椅子なしのテーブルでも2個くらいあると、だいぶマシだとおもうんだけどなー(´ε`;)

食べログにもありますが、ここを目的に池袋に来ると衝撃過ぎてがっかりするかもしれません。
でも、池袋にきたついでに寄るお店としては充分かと。
座席があるかどうかがネックですが…
 
 
Comment(8)

青い空さんが、好きだァー!

疲れが溜まってくると静かなところに行きたくなるのは私だけでしょうか。
人と会うより、のんびりまったり、ぼーっとして、本読んだりしたいです。
 
最近の私ときたら、もはや師走モードじゃないかと疑わしいレベルのスケジュールだし、
起きて通勤して働いて帰って寝るだけの味気ない毎日。
読んでる本は情報処理の過去問だし(これが午前と午後に別れてて両方厚い)
「頑張ってるね」なんて言われるどころか
「資格なんて意味ないですしー」
とか
「キャリアアップ()とかに必死な奴は意味分かんない」
とか言われる始末です。
頭のいい人にはバカの気持ちがわからんのです(血涙)
 
そんな世知辛い世の中に、私のソウルジェムは真っ黒です。
え、年齢的にそれはどうなのって?(∩゚д゚)アーアーきこえなーい
 
色んなストレス解消法があると思いますが、やはり私としては紅茶がオススメ。
丁寧に作られたとびきり美味しい紅茶をゆっくり飲むのが最高に効きます。
 
今ならウバのクオリティーだし、温かいミルクティーも美味しい季節。
あ、甘さのあるアレンジティーもいいですね、甘いと特に癒されますね。
ああ紅茶紅茶、紅茶が飲みたい。
 
 
というわけで、千歳船橋の青い空さんです。
ちょうどウバの新茶が入っておりました。
20121027.jpg
青い空さんの何がいいかって、いつ行っても静か。
一人客が多いし、新聞や雑誌を読んでる方が多数なので、時々聞こえる紙をめくる音、お湯を沸かす音、紅茶を淹れる音を聞きながらのんびりまったりできます。
 
内装が昭和レトロな感じで、周囲から隔絶されているかのような雰囲気も素敵。
初めて行った喫茶店、似てないんだけど何故か彷彿とさせる。ああ…あの喫茶店で飲んだイチゴソーダが二層だったから紅茶も無駄にセパレートしてしまうのかも私。
なんてことを思い出しつつぼーっと色褪せたポスターを眺めてみたり。
 
くわえて紅茶が美味い。
ポットから注がれた時に立ち上る香り、
決して薄くなく、濃すぎもしない絶妙な抽出加減、
口の中でイガイガすることも、喉に引っかかるようなお湯っぽい感じもなく
一口飲むと身体中に染み渡り、水分が溜まる感じがしない…
 
これだ……
これぞ美味しい紅茶屋さんの紅茶だ!
 
 
一緒に食べたのはかぼちゃのケーキ。
まるでカボチャそのものではないかと思うほどの濃厚カボチャ感。上にはほんのり苦いキャラメルソースがかかっていてとてもうまうまです。
 
 
あーいやされたー…
次はミルクティーでも癒されたい ←
 
Comment(0)

とってもかわいい実店舗!ミツティーさんに行ってきた

7月末に実店舗がオープンしたというミツティーさんに行ってまいりました。
場所は横浜市中区、JR石川町駅に隣接する商店街の中になります。
 
窓際に可愛らしいポット型の看板。
ちょこんとしていてキュートです。
ミツティーさんの紅茶袋は白地にパステルのシールが貼ってあってとてもかわいらしいのですが、お店の中で並んでいるとより可愛らしく見えます。
オンラインとシールがちょっと違うのかも、店舗のはこんな感じ。
20120914.jpg
ミツティーさんの商品はどれも美味しいのですが、その中でも特に大好きなのがこのミルクティー専用紅茶。
安いし美味しいし、これは欠かせないアイテムです。
 
メニューはセイロンティーを中心に、仕入れてある紅茶を提供されているご様子。
アレンジティーのメニューは季節ごとに変化するらしく、お伺いした時はアイスティーがメイン。
セパレートやフロートなどがありました。
 
 
 
食べ物のメニューは、今のところデザートプレートのみ。
今後スコーンなどが増える予定だそうです。
が、このプレートがかなり優秀なので1品だけでも非常に満足。
 
お伺いしたときは、レモンピールのパウンド、ミルクティーのゼリー蜂蜜ソースがけ、ショートブレッド2種でした。
パウンドケーキはしっとりしていて、程よい酸味が紅茶とよく合うし、
ミルクティーのゼリーは単品でもめちゃくちゃ美味しいし、蜂蜜ソースが紅茶とよく合うし、
ショートブレッドが紅茶と合わないわけがない。
つまりどれも紅茶と合う!!これは美味い。
 
 
紅茶は、ディンブラもあったのですがキャンディをいただきました。
ミツティーさんのキャンディ、美味しいんですよね。
私はミツティーさんに出会うまで、キャンディがこんなに美味しい紅茶だなんて知りませんでした。
 
 
紅茶の味は申し分なし。
スイーツも美味しい。
お店は可愛い。
もういう事なしです。
 
ああ通いたい、このお店に通いたい。
うちの隣に出店してください><
 
 
ちなみに店舗では会員(でいいのかな?)を募集しておりました。
この会員制度はネットショップと連動しておらず、オンラインショップ利用者も改めて実店舗で登録する必要があります。
今後開催を予定している紅茶教室や、コンフィチュール試食イベント(!)への招待が来るようなので、首を長くして待っております。
 
Comment(0)
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]