忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

紅茶・ワインとアンティーク時計のお店「Perregaux」さんに行ってきた

神楽坂に新しくできた、紅茶・ワインとアンティーク時計のお店「Perregaux」さんに行ってきました。

場所は神楽坂駅1番出口からほど近く、赤城神社に通じる小道の真ん中にあります。
外観はガラス張りで明るそうな雰囲気、ドアも常時開放されていて(夏場・冬場は閉じてるかもですが)非常に入りやすいです。

アンティーク時計というから、古い雰囲気のお店なのかな?と思ったのですがそのような事もなく。
普通にカフェ、という雰囲気が漂います。
所々古めかしいインテリアもあり、古いものをそのまま使い続けて現代まできました。という感じ。
バッチリアンティークに決めたお店も素敵ですが、こういう古いものと今のものが素直に融合したお店も素敵です。



紅茶のメニュー等、詳しい内容はレビューにて。
こちらのお店はダージリンの表記が「ダージリング」になっております。
また、茶園名を明記せず「有名茶園から」と書くにとどまっており、一体ドコ茶圓なのか!?wと非常に興味をそそりますw


という感じで、単一茶園のシーズナルティーを提供している風なのに、
ダージリンポットサービスのお値段が900円!
セイロン系に至っては600円というお安めのお値段。
もう200円高くても「普通の値段」に感じます。これは良心価格。

ポットは茶葉入りでカップ3杯は飲めます。
いつものようにディンブラをいただきます。

写真には写っていませんが、ホットウォータージャグ付き。
奥の小皿はサラダと冷たいラタトゥイユ。こちらはランチセットにのみ付いてくるのかな?と思われます。

レビューの方にも書きましたが、ミルクがコーヒーフレッシュなのが非常に悔やまれます…
しかしそれを補ってあまりまくるほど素敵なのが店長のお人柄。
優しげで物腰が柔らかく、私のような怪しい一人客にも気さくに話しかけてくださいます。
なんとなく、任天堂の岩田社長を彷彿とさせるようなイメージが…

これは私の印象なのですが、実際に紅茶を作っていらっしゃるのは店主ではなく奥に居た方なので
店主は時計部門、紅茶は奥様が担当されているのかな?という予想。


時計部門のお客様も度々いらっしゃるようで、アンティーク時計のオーバーホールとか100年前のロレックスとか、別世界の単語が飛び交っておりました。
さすが神楽坂。


みん経さんによると夜はバーとのことですが、店主曰く夜でも紅茶大丈夫ですよ。とのこと。
実際に夜に行ったわけではないので一応確認されたほうが良いかなという気もしますが
ワインの種類もかなり豊富で高いのから安いのまで揃っているらしいので、お酒が飲めるかたはそちらも楽しいかもしれません。


時計がご趣味な方は紅茶を飲みながら店主と時計談義とか…とても楽しそうです。


//////////////////////////////////////////////
Perregaux
新宿区神楽坂6-34
Tea for Lifeのレビューはこちら

大きな地図で見る

Comment(0)

ベノアティールームが閉店 ティールーム行きおさめしてきました

銀座にあるベノアティールームが6月いっぱいで閉店となります。
しかもなんと!ティールームだけでなく、松屋銀座を残して直営店は終了というかなり衝撃的な事になってしまいました。
公式サイトの案内によると、催事は随時出店するということなので
全国区で入手しやすくなるのかもしれません、ちょっと期待。


そんなベノアさんのティールームは銀座松坂屋の4階にあります。
お店はワインレッドのカーテンが印象的で、華美ではなく、優雅なインテリア。
ポットは銀器、ホットウォータージャグ付き。
思えばこういうトラディショナルな英国様式のお店も随分少なくなりましたね。


お邪魔した日は時間が遅かったため、フードメニューは全て終了。
ささやかな焼き菓子をつけていただき、紅茶を楽しんできました。
ああ…アップルパイ食べたかった…
しかしそのためか店内は非常に静かで、ゆったりとした空気。

いただいた紅茶はニルギリです。
1杯目からしっかりとした味わいで、2杯目になっても渋すぎるという事はなくストレートで飲める。
ああ至福のひととき……


イギリス系メーカーは、目移りするような数多くのフレーバーを出したり、
ノーマル版紅茶なのに凝ったパッケージだという事があまりないです。
(クリスマスティーや限定版は結構可愛い)
ですが、慎ましやかで誠実な紅茶をずっと変わらずに提供してくれる、そんなメーカーさんが多いと思ってます。

当たり前の紅茶が当たり前に美味しい。

私はそんな英国紅茶が大好きです。
今までありがとう、ベノアティールーム。

また再会できる日が来ると良いのですが。



一度行ってみたかったと思っている皆様、
ベノアティールームの営業は6月30日までです。
最後の機会を逃されませんよう、ご留意くださいませ〜
 
Comment(4)

鎌倉の古民家カフェ「Garage Blue Bell」さんに行ってきた

このたびとても素敵なメールにて、とても素敵なお店情報をいただきました。
ご提供くださいましてありがとうございますm(__)m

というわけで早速ご紹介いただいたお店に行って参りました!
鎌倉にある、英国喫茶とレトロ自転車の修理・レンタル「Garage Blue Bell」さんです。


場所は鎌倉駅を降り、線路沿いを北鎌倉駅方面にむかってひたすら歩いたところ。
賑やかな小町通りから1歩外れただけで周囲はとても静かで、線路との境目には様々な花が植えられており目にも楽しいです。
道幅は進むほどに狭くなり、背の高い草に塞がれていて見落としそうになったり、
最終的には舗装も無くなって「引き返すべきだろうか」と悩んだ時に突如、ユニオンフラッグが登場なさいます。


まさかこんな場所にお店があるとは!

門をくぐった後も通路が続きます。(写真は入り口方面を振り返って撮ったもの)
見えてきた家に入ってみると、そこには普通の玄関が。
玄関からは部屋の一部をちらりと見ることができますが、誰もいなそうだし、お店という感じではない。
これはある程度勝手を知っていないと入るのは覚悟がいるかも。ふらっと入るのは難しそうな気がしました…特にぼっちでは。
ただ、入店後は別に不審な目で見られることもなく、非情にのんびりすることができます。

お店は古民家を改修したらしいカフェで、欄窓や縁側があり、緑が豊富です。

線路から近いはずなのですが、非情に静か。
テーブル間のスペースも広く、ゆったりのんびりできます。


紅茶のメニューはダージリン、アッサム、ウバ、キームン
イングリッシュブレックファーストとアールグレイがあり、お値段はポットサービス500円。
スイーツのメニューは、ヴィクトリアサンドイッチケーキ(春季限定)を初め、スコーン・キャロットケーキ・ショートビスケットと、メニューも英国風となっております。

スコーンも魅力的でしたが、他店であまり見かけないキャロットケーキをチョイス。
イギリスを代表する伝統的スイーツと伺っていたので、興味津々です。

こちらのお店のキャロットケーキはバター不使用とのことで、食感はシフォンケーキのようにふんわり、そしてしっとりしているものでした。
甘さは控えめで、商品名を知らずに食べたら人参とは思わないかもしれない。

ケーキに付いているのは甘くしたクリームチーズ。
ケーキの上に塗るのが一般的らしいですが、こちらのお店では最近は添えて出しているそうです。

ケーキ自体は素朴な味わいと控えめな甘さで、ミルクティーによく合いそうな感じ、
クリームチーズをつけると、甘さと酸味がプラスされてとても美味しく、ストレートティーで美味しくいただける感じでした。

レシピをいくつか探してみると、多くは小麦粉より人参の量のほうが多いみたいなので、
ヘルシーにいただけるお菓子みたいですね。
今度作ってみたいです。


北鎌倉の散策をして、鎌倉駅まで向かう時には丁度いい位置にあるお店なので
散策の際には候補の一つとして。
これからあじさいの季節ですし、鎌倉が美しくなりますね(´∀`*)


///////////////////////////////////////////////////
Garage Blue Bell
Tea for Lifeのレビューはこちら
鎌倉市小町2-4-14


大きな地図で見る
Comment(3)

紅茶オタク、紅茶王子の店に行く〜Tea room...7〜

「紅茶王子がいる」というキャッチコピーを見た時から行ってみなくてはと思っていたお店
「Tearoom...7」さんに行ってまいりました。


ホームページから、マスターであろう御方が「紅茶王子」の肩書を冠していらっしゃるのだなという事が伺えますが、
それゆえに尚更、一体どういうお作法のお店なのか疑問ばかりです。
来店するほうが王子or姫ならコンセプト喫茶ですが、働いていらっしゃるほうが王子様?
いいんですか王子をはたらかせて客はのんびりしてて??


と、埼京線の中で要らぬ心配をしながら、「北与野」駅を下車。
住宅街の中を歩くこと5分ほど、お店の看板が見えますが、たたずまいはどう見ても民家。
2階に洗濯物がはためき車が停車する、どうみても民家。
入っても大丈夫なんですか?

おそるおそる家の扉を開けてみると、そこには暖かでお洒落な空間が広がっておりました。

後で聞いたところ、自宅の1階部分を改装してお店として使っているそうです。
そのためか、テーブル席の椅子はソファとなっており、靴を脱いで上がります。
リビングを囲むようにテーブル席が配置されているため、通常では知り合い同士が集まる場所なのかな?と思われます。


紅茶のメニューは、ムレスナさん+アムシュさんが揃っているようでした。
メニューを見る限り、全てフレーバーティーのようでしたが、聞くとノンフレーバーもある様子。
セイロンティーが各種揃っており、ダージリンが1種あったと記憶しております。

食べ物のメニューはありません。
紅茶はポットサービスで500円。
お茶請けとしてビスケットがついて来ます。

 紅茶はディンブラのアダムスピーク。
ポットサービスでカップ2杯と少し飲め、茶葉抜きで提供されます。
お味は、もう少し濃いほうが個人的には好みかなー。


紅茶を堪能したところで、王子から「お近くに住んでるんですか?」という質問が。
まさか真っ直ぐ紅茶店を目指してやってきましたとも言えないので、こういう時は近くに用事があることにしております。
ホームページを拝見してお店のことを知った旨をお伝えし、
思い切って、あのワードを出してみることに!!

「紅茶王子と書かれておりましたが…紅茶王子なんですか?

我ながらなんというド直球の酷い質問。

しかし王子ははにかんだ笑顔を浮かべ、「そう、呼ばれています」とお答えになってくださいました。
あ、なんかこんな雰囲気のゴルフ選手さんがいたなー…
と思うような王子でした。


店名にある「7」は、一週間毎日おいしい紅茶が寄り添うようにという意味が込められているそうです。
生活によりそう紅茶、ということなので、もう一度王子に紅茶の事についてがっつり聞きたいところなのですが


北与野遠いのよね(´・ω・`)
ご興味のあるかたは、私のかわりにぜひw

//////////////////////////////////////////////////////////
Tearoom...7
〒338-0001 埼玉県さいたま市中央区上落合4-13-12
048-854-5234
営業時間 10:00~18:00
不定休

大きな地図で見る

Comment(0)

前橋の英国式ティールーム「カフェ ルーエ」さんへ

紅茶の液色は黄色っぽいものから暗褐色のものまで様々あるため、濃さでは「程よい抽出加減」がわからないというのが定説ですが、
美味しい紅茶は液色の「彩度」である程度見分けられないだろうか?
というのを最近考えています。

美味しい紅茶は色味が鮮やかなのか、鮮やかゆえに美味しそうに感じるのかはわかりませんが、その液色に惹かれて訪問した紅茶屋さんがこちら
カフェ ルーエさんです。

前橋駅からは片道6km強の距離があるため車かバス推奨です。
バス便は関越交通「富士見温泉」線 小暮一の鳥居停留所が最寄りです。
本数がシビアなのでバス便をご利用の際は時刻表をご確認ください。
バスを降りると、前橋市を一望できる景観がお出迎えしてくれます。

ルーエさんは石造りの一軒家カフェです。
歳月を感じさせる木目調の柱や床、庭からの木漏れ日が刺す店内、テーブル感覚も広く、ちょっとしたスペースに季節の生花が飾られていたり、英国風の雑貨が置かれているなど、まるで日本ではないような雰囲気がありました。
素敵です、早速素敵です。


紅茶は産地別のものと、フレーバーが数種類。
アレンジティーは少なく、ミルク入りにしたものと、アイスティーにしたものが用意されております。
食べ物のメニューはスコーンとケーキのみですが、クリームティーやアフタヌーンティーもちゃんと用意されております。
というわけでクリームティーセットをチョイス。

産地別紅茶はポットサービスで600円。茶葉入りで、1杯目はマダムが注いでくださいます。
1杯目はちょっと軽めかな?と感じましたが、2杯目がちょうど良く、3杯目が少し濃いと感じたのでストレートで楽しむならこのタイミングが良いのかな?
紅茶にはミルクとホットウォータージャグがついてくるため、お好みで濃さを調節することが可能です。

スコーンは10種類の中からチョイス。
今回は、定番のレーズンとあまり見かけないみかんをチョイスしてみました。
どちらもほんのり甘く、表面カリッと、ほどよくしっとりとした食べやすいスコーンでした。
季節によって用意されるスコーンも変わるようです。


写真に映るジャムは、控えめの甘さと程よい酸味が何ともちょうど良く、色的にイチジクか?未知の果物か?と疑問に思っておりましたが、聞いてみるとなんと自家製のリンゴジャムとの事。
私が知ってるりんごジャムはもう少し酸味が強くてりんごジュースっぽい風味がするものなのに、違う!と、びっくりの一品ですw


これは時々お邪魔したくなるお店ですねー。
ただ本当に車を持っていないときついのが難点で…
いつかまた再訪したいですが、叶うかどうか〜

前橋に行かれた際は、先日のHOATEAさんといっしょに、ぜひw


//////////////////////////////////////////////////////////
カフェ ルーエ(公式HPはこちら
Tea for Lifeのレビューはこちら
〒371-0103 群馬県前橋市富士見町小暮227-1
027-288-2824
営業時間 11:00~19:00
金曜〜月曜と祝日のみの営業 その他休業等についてはHPにてご確認ください

大きな地図で見る
Comment(0)
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[03/10 やっと閉店]
[12/25 12/27最終営業日]
[12/03 ついに廃業]
[11/01 最近電話が不通になりました]
[10/31 最近電話が不通になりました]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]