忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286]  [285]  [284]  [283]  [282]  [281

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ルピシア月刊誌買ってきたよ!【Tea Party~お茶にしましょ~】

ついにこの日がやってきた!
帰りまで待てなくて昼休みに本屋にダッシュしてきました!
ルピシア 月刊誌 創刊号
キタワァ*:.。..。.:*・゚(n'∀')η゚・*:.。..。.:* ミ ☆
 
ざっと特徴を述べていくと以下!
1.紅茶ミニ缶2個付き、厚みのある本、ハードカバー本と同じくらいの大きさ
2.その厚みのためか、概ねコンビニには置いてない模様
3.フルカラーで美しい写真が満載
4.むしろ本がおまけだろうと思いきや…こ、これは!
 
こんなもんでしょうか。
紀伊国屋の独自仕様かもしれませんが、となりに置いてあるおまけつきムック本が「美顔ローラー」とかコスメポーチとか、
見渡す限り女性向きだったので、
男性のかたはその中で手を出す勇気が必要かもしれないと付け加えておきます。
 
内容について~
 

×おまけ→○メインの紅茶

毎回、20グラム2種類の紅茶がついてきます。
創刊号はシャンパーニュロゼとキャロル。
201011253.jpg
限定ラベルらしいのです。かわいいのです。
 
ロゼ美味しいんですよね。大好きです。
個人的には夏向きと思っていたのですが、そういえばクリスマスだし、
ワインの代用としてスパイスを入れて雰囲気を楽しんだりするのもありなのかも。
 
キャロルは飲んだ事無いのですが香りだけかいだら結構甘かった記憶が。
こちらはバリバリのクリスマス向け紅茶ですしね。
心憎いチョイスです。
 
オリジナル缶の中には小さいアルミパウチが。
201011254.jpg
ヤヴェーこのサイズ超かわいいよ。すぐ飲めちゃうよ。
 

紅茶の「使い方」という目線の内容

「ライフスタイル誌」という名目だけあって、うんちく一切無しです。
こりゃー凄い。
 
紅茶というものがなんであるか、
そんな事はどうでもいい。
 
いかにして楽しみ、いかにして取り入れるか。
これに尽きる。
 
いやはや、お茶本って本来こうであるべきなんじゃないでしょうか。
今のお茶本ももちろん必要だけど、あれはお茶を「学習する」本よね。
お茶を学ぶ人にとっては最適だと思う。
 
でも多くの人にとって、お茶ってのは生活の中で楽しむもんで、
キャサリン王妃がポルトガルから砂糖を持ってきたとか、
紅茶メーカーがいくつあるとか、
知らなくても飲めるじゃん、しかも楽しく。
 
うん、私のブログもこうなる予定だったんだ。おかしいどこで間違え(以下略
 
 
というわけで、この本…いやあえて「冊子」と言おうか。薄いから。
この冊子は、紅茶を飲む人の姿、紅茶の使い方、ウキウキしちゃうようなティーアクセサリーなど、
ほんと、難しいとか堅苦しいとか無しで楽しめます。
 
 
逆に言うと、
お茶についてもっと深く知りたいとか、
お茶の抽出方法について研究したいとか、
知的好奇心溢れる人が読むべきものではない。
より知りたいと思ったときは、しっかりした本をどうぞ。
 

保管方法が困った…

さて、購入直後に直面したのが保管問題です。
このムックは、おまけの茶葉が格納されている部分が本に内蔵されており、茶葉の保管にスペースを割く必要が無い反面、
本が非常にかさばります。
飲んだ後どうするのよコレ。
 
当然のように冊子と茶葉を切り離せるものと思っていたのですが、
これが案外がっちりくっついてる…
 
ルピシアさん、そこは中表紙と見返し入れて、冊子だけ引っこ抜いて保存できるようにしてくださらぬか・・・。
次号以降にほんのり期待するけど、とりあえず創刊号はなってないし、
おずおずと折ってみました。
 
1 紅茶を取り出し、上下のセロテープを取って紅茶が入っていた部分を潰す。
2 なぜか、紅茶入れの一部と最終ページが一部ぴったりくっついちゃってるので
201011252.jpg
仕方ないので巻き込んで折る。
201011255.jpg
ただし若干紙面がヨレる。
 
3 小さな突出部分は箱の内部に織り込むとスマート
 
で、こんな感じ。
 201011256.jpg
 
上下のフタになっていた部分は切り取るとよりスマートになりそうだけど、傷つけるのも気が引けるかな…
他に良い案がありましたらご教授ください。
 
うーん、これはもしや、飲み終わったら冊子を捨てよと意図しての設計かしら?
立ち位置はあくまで「月刊誌」、かさばるなら捨ててとっとと次を買えと。
でも、写真綺麗だし保存しておきたいですよね。
ルピさんご検討くださいませんか。よろしくお願いします。
 

Comment(8)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
買えたんですね。
いいですね~
私は実はまだで…
ネットで予約したのですが音沙汰がなく、
本屋さんに行っても見つからなかったです(^^;)
初日に買えず残念ですが、
写真を拝見出来ただけでも嬉しかったです。
本がかさばるのは問題ですね(ノД`)
なごみ 2010/11/25(Thu)22:24 編集
こんなに分厚いとは!
ウキウキで買うつもりでしたが、予想外の分厚さにちょっと腰が引けてます;
ああでも限定缶かわいい、かわいいけどもう置き場所がない……(汗)
こうや URL 2010/11/25(Thu)23:53 編集
無題
なごみさん>
あらら、ネットってルピ公式でしょうか。
発送が遅れているのかな・・・
案外厚みがあるので、本屋ももしかしたらある程度大きい書店でしか扱ってないのかもしれません。
Amazonも妙な中古業者の発送になって値段倍くらいするし。
やはり賞味期限付きというのがネックだったのかなー
一日も早くお手元にとどきますように!

こうやさん>
20グラムですから、思いのほか小さいですよ!
さあ、さあさあさあ!
しかしまぁ、創刊号で焦らなくても
来月も再来月もありますからね・・・フフフw
糀谷 やな 2010/11/26(Fri)07:42 編集
無題
こんばんは!さすが!早速購入されたのですね。
茶葉も、立派な缶に入ってきていてすごいですね。「ライフスタイル誌」っていうのに惹かれます!私も本屋のぞいてみよー♪
みーや URL 2010/11/26(Fri)21:40 編集
早速、明日、本屋へ行くなりよ。
欲しい欲しい欲し〜い♡、
紀伊国屋か三省堂か旭書店か、
そこらに行けば入手可能?
情報ありがとうございますウ。
私の心の「先発偵察隊」殿、
今回も、ご苦労様であります!
えへへ( ̄∀ ̄*ゞ
NEU!(ノイ!) 2010/11/26(Fri)22:41 編集
無題
みーやさん>
そうなんですよ!お茶とは〜…とかいうのが無いのです。
さすがに今月のおまけ紅茶の紹介くらいはしてますが^^;
飲む以外の使い道とかもあって斬新でした。
ただ立ち読みで十分なページ数で(以下略

NEU!さん>
おっしゃった本屋なら置いてそうですね!
自分は紀伊国屋で買いました。わりと在庫もありましたよ。
あとはルピ各店で買えるとかなんとか。
おたちよりの際はぜひ。
若干、内容がキラキラしている(こうやさん談)そうです。
糀谷 やな 2010/11/27(Sat)14:55 編集
リブロで立ち読み。
うーん、思っていたのと、ちょっと違ううううん。

再検討しますう。
NEU!(ノイ!) 2010/11/30(Tue)02:15 編集
あやや
違いましたか〜
あ!そんな時はあれです。
理想の紅茶雑誌を自分の手で作り上げるしか!もう!ビバ出版!
糀谷 やな 2010/11/30(Tue)20:07 編集
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[03/10 やっと閉店]
[12/25 12/27最終営業日]
[12/03 ついに廃業]
[11/01 最近電話が不通になりました]
[10/31 最近電話が不通になりました]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]