忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午後の紅茶微糖 マンゴー&ゴールデンパインティー飲んだよ

本日発売、午後の紅茶微糖シリーズより、マンゴー&ゴールデンパインティーを飲みました。
20100525.JPG
 
この手のマンゴーティーは往々にしてマンゴー>>>他の食材 ですが、
今回もほぼマンゴーティーという感じです。
パイン?
うーん、パインね。
紅茶かパインか!?ってくらいの存在感ですわ。
 
 
口に入れた瞬間、妙な甘さがします。
でもすぐ慣れる不思議。
甘味料独特の味っぽいので苦手な人は苦手かも。
 
 
しかし毎回思うのは、どうしてカロリーを0にまでして甘い紅茶を出さねばならぬのだ?という事ですね。
長年の疑問だったのですが、この間ネットで見つけた言葉で納得しました。
 
リプ㌧とか、午後ティーってのは
子供っぽいイメージからの脱却を目指す少年少女が、
大人アピールのために飲むものなのだと。
 
もうジュースみたいな子供商品は飲まないぜ!という・・・
 
 
これを読んでものすごい納得しました。
どういうつもりだリプ㌧。とか思ってたけど、
こういう需要と供給が。
 
今は他の飲料ものきなみカロリーオフなので、その中でどうしても紅茶となるとこういう理由になるのかな。
しかし職場の若手男子がめちゃくちゃ飲んでるのはどういう理由なんだろう?
 
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
Trackback(0) Comment(2)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
こんばんは♪マンゴーティー、大好きですが、こちらはパイン?の味がしちゃうのですか?
どんだけ砂糖を使っているのか・・と思うとこわいですが。なるほど少年の強がり需要?だったのですね笑。
ダージリンフェスティバル行ってきましたよ!友人に「お湯なんだってー」と言い訳しましたが、お湯ほどは薄くなかったので大丈夫でした♪お店の方がいうのには、初日で意見がいくつか出て、改善しながら提供しているとのことだったので、やなさんが飲んだものと濃さが違うのだと思います。ブログのほうで、私の感想・・マニアックですが・・を書いておりますので、もしお時間ありましたら読んでみてくださいね♪
ではでは♪
スマイル URL 2010/05/28(Fri)01:28 編集
無題
あまりパインらしくなかったですが、私がパイン好きだから気にならなかっただけかもしれないので、もし苦手だったら避けたほうが良いかもです><

ダージリンフェスティバルの記事読ませていただきました~!
(は!そういえばまだご挨拶に伺ってなかったわ)
改善されているのですね。あらー、それなら遠慮せず文句ビシバシ書いたほうがよかったのかしら・・・
教えてくださってありがとうございますー^^ノシ
糀谷 やな URL 2010/05/28(Fri)20:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[03/10 やっと閉店]
[12/25 12/27最終営業日]
[12/03 ついに廃業]
[11/01 最近電話が不通になりました]
[10/31 最近電話が不通になりました]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]