忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [184

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リプトン、オレオ、そしてリプトン

18日発売、リプ㌧ペットボトル ピンクグレープフルーツティーを飲みました。
20100518.jpg
私の感想としては、ついにここまで来たかという感じですね。
 
薄さが。
 
予想以上でした。
紅茶が薄いのは想定内でしたが、グレープフルーツと甘さも半端というかなんというか。
一瞬「ニアウォーター」という懐かしの言葉が頭をかすめた程度の濃度。
これで果汁3%とかちょっとまてい。
 
気になる商品を見つけたら原材料名をチェックチェック。
みなさんご存知、原材料名は、含有量が多い順に並んでいます。
こちらの商品、原材料名の最初が
「グレープフルーツ果汁」
 
  ↑※含有量3%
 
 
ちょっと水すぎるだろう。
ほぼ水を150円出して買わせるって一体どういうつもりなのか、みっちりお伺いしたいところです。
 
 
今まで、ペットボトルで紅茶を濃くできないのは、各社クリームダウンが怖いからだと思っていましたが、グレープフルーツジュースはご存知の通り透明ではありません。
 
濁ってるんですよ。ええ濁ってるんですよこのペットボトル。
紅茶を濃くしたところでカロリーが増えるとは思えません。
あとはもう材料ケチってるとか、味の開発が面倒だったとか、そのへんの理由しか思いつかないんですよね・・・
違うというのなら是非教えていただきたいです。
 
 
客に対して何を提供しようとしているのかを。
 
 
紅茶飲料なんだから紅茶とは違うのは当然なんですが、
これは飲料としてもどうなんだろう。
最近、地雷商品がよく出るようになったと思います。ネ○レとか。。。
 
 
そして忘れていたレビューを。
エクストラショットのピーチティーを飲みました。
こちらは飲み物としては美味しいと思います。
桃好きなら悪くないんじゃないかと。
果汁100%だとちょっと重いかな?と思ったら、15%くらいがちょうどいい薄さかもしれません。
 
え?紅茶?
気にしたら負けなレベル。
 
 
そしてオレオバー ミルクティー味もいただきました。
これは美味しい。
発売日的には17日だったのですが、見つけたのは今日。
中はこんな感じ。
20100518_2.jpg
バーの下の方にオレオがぎっしり詰まってます。
 
味はいわゆる紅茶香料の風味が感じられる甘いチョコレートになっていますが、オレオの苦味がいい感じに作用して、ほろ苦な味わいとなっております。
最後はオレオが勝つ感じですが、オレオバーなのでそれで良いかと。

そういえば、私が知らないだけかもしれませんがオレオってコーヒーとあんまりコラボしないような?
モカとかカフェオレとか合うと思うんだけどなぁ・・・そうでもないのかしら?

 
にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
 
Trackback(0) Comment(0)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]