忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リプトンさんでアフタヌーンティーを

夏に閉店するという衝撃の告知があったリプトンさん
ついについに、念願のアフタヌーンティーをいただいてまいりました。
今回はTwitterつながりの紅茶好きさんと一緒です。
 
アフタヌーンティーのお値段はおひとりさま3200円とちょっとお高いのですが、
紅茶・スコーンのおかわりが可能なので、トータルで考えるとスコーンセット1700円よりお得のような気がします。
 
アフタヌーンティー専用メニューには1日5組さま限定の文字。
メニューもなにやら豪華そうで、既にテンションあがりまくりですヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪
 
紅茶とスコーン2種類の味を決めたら、ウェルカムティーから楽しみます。
20110606.jpg
ウェルカムドリンクはピーチティーソーダ。
甘さが感じられるティーソーダの中に、ピンクグレープフルーツとミントが入っておりました。
 
あれ、このピーチティーの味は記憶にありますよ私、
確かリプトンさんで発売されているインスタ………………

|д゚)チラッ
 
いやなんでもない。
(なるほど炭酸水で割るという使い方もできるのか)
 
 
紅茶はセイロンのシュープリームをいただきました。
リプトンさんのダージリンブレンドも好きなんですが、昨日いっぱいダージリン飲んだしという理由でセイロンに。
 
そして3段トレイキタ━(゚∀゚)━!
201106062.jpg

201106063.jpg
下段はサンドウィッチとケークサレ
201106065.jpg
中段はオープンサンドとミニバーガー

201106064.jpg
上段にスコーンが乗っております。
スイーツはこのトレイではなく、また別のものが登場します。
 
食事メニューが多いアフタヌーンティーはありがたいですわー。
イカちゃんと見つめあう楽しい午後のひととき…(その後スタッフが美味しくry)
 201106066.jpg
 
スコーンの味は6種類用意されていて、
プレーン、レーズン、オレンジ、玉露、ブルーベリー、いちじくとなっております。
合わせるジャムはイチゴ、ブルーベリー、レモンカード、リュバーブの4種類だったかな…?このなかからひとつを選びます。
ジャムは瓶ごとやってきて、持ち帰り可です。
 
 
スイーツは、小さなサイズが3種類
201106067.jpg
ピスタチオのムースとベリーが乗ったケーキ、
イチゴと抹茶のムース白玉添え
チョコレートとナッツのケーキの3種類でした。
 
チョコレートとナッツのケーキうま!
フレーク的なサクサクした食感と香ばしい味わい。これ好みですわ~

おなかいっぱいだけど完食。ごちそうさまでした。
 
…と、思ったらさらにマドレーヌまでやってくる
201106068.jpg
こちらは持ち帰らせていただきましたw 
 
 
ところで皆様、アフタヌーンティーと言えば社交の場ザァマス。
少し前にマナー講座として取り上げられていたティーカップの持ち方に文句を垂れながら検証したり、
「ジェネレーションギャップを感じます」とのたまう若者の口をスコーンで塞いでやったりと、楽しく過ごすザマス。
 
ところでどうして紅茶を飲む際に、小指を立てて飲むという風習があるのでしょうね?
という話が出てきたので、ちょっと調べてみました。
 
 
真偽はわかりませんが、巷に広く言われている理由は
大航海時代、貴重品だったスパイスを食事に用いる際に
スパイス入れから親指と小指を使って取っていたと
そのため、小指を汚さないように立てるようになったという説があるようですが
 
親指が汚れていたら意味無…げふんげふん
 
あと、親指と小指で取るって、もの凄く取り難いですよね。
そんな合理的でない事がマナーとして残っているのは本当なのか…昔からあるマナーってものすごく合理的な気がするんですよね。
 
しかしこの頃はまだ食器が広まっておらず、手づかみで食事を食べていたとも聞きますし、フィンガーボウルや給仕が腕から布をぶら下げる風習なんかの名残が今でも見えるので、指を汚さないようにという配慮はあったのかもしれません。
 
皆様も、小指を立てて紅茶を飲むかたを見かけたら
「ああ、コショウをつまむんだな」
などと思いながら楽しいティータイムをお過ごしください。
 201106069.jpg
楽しくね!
 

Comment(6)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
質問です!
(直接お店に尋ねろよ!というのはご容赦ということで…)

1)アフタヌーンティーセット1日5組=予約しろよ!という感じでしょうか?

2)膨大な量に見受けられますが、マドレーヌは別として(最初から諦めている)、一人で完食出来そうですか? 

3)二人連れで行って、片方はアフタヌーンティーセット、片方は紅茶単品(もしくはケーキセット)という注文状況で、シェアOKって雰囲気でしょうか?

4)閉店を公にしてから、連日満員盛況で待ち時間延々といった感じでしたでしょうか?

5)お茶はお代わり自由ということですが、途中で茶葉の種類変更も可能でしたか?

6)ブランチとかハイティーはご経験済みですか? 経験済みならお薦めですか?

7)店内の撮影は可能でしたか?
NEU!(ノイ!) 2011/06/08(Wed)16:55 編集
説明がたらず
申し訳ないです!
回答させていただきます。

1)予約 → しておいたほうがいいと思います。ボリュームがあるので、食材の調達などの都合もあるかと思います。お店のためにもぜひ。

2)完食 → 男性なら問題ないと思います。
上のワカモノはスコーンおかわりしてました。
ただお昼食べた直後とかだとどうかなー
粉モノが多いですからたまるかもしれません。

3)シェア → うーん…おかわり自由の食材がありますので、個人的にはオススメしません。

4)混雑状況 → 混んでました。驚きました。時間帯によりますが待ちまではギリギリ無かったかも。
お邪魔した時間帯がちょうどティータイムだったのもあるかもしれません。

5)茶葉変更 → 可です。アレンジティーもオーダー可能です。私は2杯目アイスロイヤルをいただきました。

6)他のメニュー →ブランチはこちらをご参照ください。非常にお得です。
http://teaforlife.99ing.net/Entry/123/
ハイティーは未経験かつ召し上がっている方をお見かけしたこともありません。でも他のメニューを見る限り、損では無さそうに思えます。

7)撮影 → 本格的なカメラでパシャパシャ撮ってるかたがいました。問題ないと思われます。

いってらっさいませえええええ!!
やな 2011/06/08(Wed)21:10 編集
混んでましたか^^
私はランチとハイティー利用が殆どで
アフタヌーンティは未経験です・・・

食事の多さは貴重ですよね。

へぇ、小指たてにはそんな由来が^^
M URL 2011/06/10(Fri)09:36 編集
貴重ですよね!
食事のできる紅茶屋さん、本当に貴重です。ううう無くなって欲しくない…
ハイティーご利用されたんですね!いかがでしたか〜?
やな 2011/06/10(Fri)20:28 編集
ハイティー
3段トレイ+メイン+デザートで
アフタヌーンティーセットと
基本は似ていると思います。
ディナーメニューもありますが、
いつもハイティーでお腹いっぱい
になってしまうので、さらに皿数
の多いディナーは未経験です。
紅茶は選んだものをたっぷり飲め、
コスパ的には大満足でした。
拙い記事ですが、写真だけでも↓
http://blogs.yahoo.co.jp/uofm200108/42655850.html
M URL 2011/06/13(Mon)09:57 編集
無題
Mさん>
ハイティー情報ありがとうございます!。
これは美味しそうだぁ〜
ボリュームもたっぷりですね。
ううう、私も食べてみたい><
やな 2011/06/13(Mon)20:10 編集
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]