忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あいらぐまのラスク 紅茶味

ローソンで発見、紅茶味のラスクです。
なんだか紅茶味の食品に遭遇したのは久しぶりのような気がします。

当初何度読んでも「あらいぐまのラスク」としか読めず、一生懸命「あらいぐまのラスク」でググっていたのですが
鹿児島県姶良市のクマ、「あいらぐま」なのね…よく見たらパッケージも「Aira Bear」だし。
公式サイトを見てみると、商品ラインナップに紅茶がないようでした。
もしかしてローソン限定?

開封してみると、深めのパックの中に小ぶりのラスクが無造作に入っておりました。

ラスクの表面がうっすら茶色くなっており、紅茶味のシロップが薄く塗られているようでした。
口に運ぶとふんわりと紅茶(香料)の香りがします。

ラスクってもっと固くてバキバキしてて、歯の間に挟まって痛いイメージがありましたが、こちらのラスクはとても軽くてサクサク。
食べやすくて、とても美味しいです。


味が繊細なラスクは紅茶とよく合うと思います。
以前、100種類の紅茶とお菓子のペアリングを行った時、お茶請けとして様々な紅茶に合ったラスク。
今回のように紅茶味がついてると何の紅茶と合わせるのが良いか迷ってしまいますが、何がいいですかね…んー…

そして、確かプレーン味も売っていたので、今度はプレーンを買って、紅茶と楽しみたいと思います。
Comment(0)

珍しいアップルティーのチョコ for IDEA<アップルティー味>

レモンティー味やミルクティー味は見かけますが、アップルティー味ってちょっと珍しいかも。
ロッテさんから登場している「for IDEA」です。


「90秒 味の変化で気分をチェンジ」
というキャッチコピーになっており、食べ進めるごとに味が変わるというのがポイントのようです。


開封すると、スティックタイプのチョコレートが並んでました。

引き抜くと包装紙の下部分が取れた状態で出てきます。

裏面に掲載されていたイメージ図のように、中にアップルティー味のチョコレートが入っているのですが、
7割くらい食べたところでアップルティー味はなくなり、ほんのりビターなチョコレート一色になります。
確かにこの味の変化は新しいかも!

ちなみにアップルティー味のチョコ部分は、アップルではあるけれど
ティー…かな?
あまり紅茶っぽい印象は無かったです。
香りも、ややりんごっぽさが感じられますが全体的にチョコの香り。

美味しいですが、いつもの通り紅茶…かな?wという感じ。

食べやすいので、ちょっとつまむには良さそうです。
Comment(0)

メグミルク 世界のプリン ライチプリン+紅茶ソースを食べてみた

26日に発売された、メグミルクさんの「世界のプリン ライチプリン」を食べてみました。
こちら紅茶ソース付き。

20130327.jpg

蓋をあけるとライチの香り。
味は、ミルクプリンのような優しい味わいでした。
単独だと甘さが少し足りないかな〜

付属の紅茶ソースの味は、シロップのようにしっかりと甘いのですが、渋さが!
スキっとした渋さが確かに感じられます。甘いけど。
甘い+渋いの組み合わせはいいですね〜(´∀`*)ウフフ

香りは、先に開封したライチプリンの香りが勝ってる感。

201303272.jpg
一緒に食べると、ミルクっぽい味わいで渋みが感じにくくなりますが
甘さも味わいもちょうど良い感じ。
これは美味しい〜!


この商品をたべて、そういえば最近ライチティーって見かけないなとふと思いました。
茶葉を買う場所自体がネットに移ってるので、その影響もあるのかもしれませんが
久々に飲んでみたくなる味でした。
フレーバーもいいけど、アレンジにチャレンジしてみたくなります。

また今度見かけたら買ってこようっと。
 
Comment(0)

カフェチロル レモンティーを食べてみた

3月4日に発売された「カフェチロル」を買って来ました。
スタバ風カップの形をしたパウチ。
8個入りで105円です。
20130306.jpg

レモンティー味のチョコレートって珍しいですよね。
はてどんな感じやら。

見た目はこんな感じ。
チョコの中にはビスケットが入っています。
201303062.jpg
あまり強い紅茶香料の香りはせず、
面白いことに、レモンの面の香りはレモン。
紅茶の面の香りは紅茶香料となっておりました。

割ってみて、まずは別々に食べてみます。
紅茶チョコレート単体では、ちょっと驚くほどの苦さ。
渋さではなく、苦さが際立ちます。

んん?これはコーヒーの苦さじゃないの〜?紅茶は渋みはあっても苦味は無いよ。
と、思わずツッコミを入れたくなるような感じです。

レモン部分は、少しまったりとした甘さのあるレモン味のチョコ。

これを合わせて食べると…

なるほど、レモンティーだ。
レモンティーの皮を入れると紅茶が苦くなりますが、
それを良い感じに再現した味っぽいです。

ほろ苦くてほんのり酸っぱいという、字面で見ると不思議な組み合わせそうですが、
レモンティーがお好きな方は嫌いな味ではないと思います。

ビスケット入りというのもまた紅茶らしく、
ちょっとしたティータイムが一粒で味わえるようになってるのですね。


ちなみにコーヒー味のほうは、チョコレートからはバニラの香りがするのですが
食べてみるとバニラ的な味わいはせず、
こちらも苦味の効いたチョコ、おもしろ食感のゼリー(というよりグミっぽい固さ)で
非常に美味しいです。
うむむ…やはりチョコにはコーヒーのほうが合うのか…?

これはまた買ってこよう(´∀`*)

Comment(0)

紅茶でショコラ・ショー「ショコ・レ FOR TEA」は生キャラメルの味だった

紅茶に入れる専用チョコが出たというニュースを聞き、買って参りました。
その名も「ショコ・レ FOR TEA」
チョコレートは有名なサダハル・アオキさん監修というから期待が高まります。

ショコ・レの公式サイトはこちら → http://choc-o-lait.jp/
公式によると、ナチュラルローソンでも扱っているような記載がありましたが、新宿あたりの店舗を幾つか回ってきたけれど置いておらず
ソニプラにてGETできました。
201302021.jpg
今の時期は特にチョコレートが豊富に揃っておりますので、入手しやすいかと思います。

ショコ・レの紅茶用は2種類あり、手前の青いのが「バニラ」中央のピンク色のが「ラズベリー」になります。
一番奥の白いのは普通のショコ・レで、アールグレイ味だったので買って来ましたw

飲み方は、80度くらいの紅茶を注いでくださいと書いているのですが、
201302022.jpg
紅茶をどのくらいの量注ぐのかの目安が書いてない…どのくらいがいいのかな。

色々迷ったのですが、迷ったときは濃く淹れるのが紅茶では無難。
濃ければお湯を足す等で薄められるけど、逆は難しいので。

というわけでミルクティー用に2倍の濃さで淹れた紅茶を用意。
使った茶葉はリッジウェイのミルクティーブレンドです。
細かなCTCになっており、セイロンの風味が生きつつしっかりした味わいのミルク向きの紅茶です。美味いです。

バニラを実食

201302024.jpg
ティーカップに入れて、2倍の濃さで淹れた紅茶を注ぎます。
紅茶の温度についてですが、以前に調べてみたところ、ポットで3分蒸らした紅茶は良い感じに80度ちょいになるので、そのまま注いで大丈夫です。
今回も念のため測ってみましたが、ポット内の温度が85度前後だったため、暖めたカップに注いでちょうどいい感じだと考えられます。


201302025.jpg
そのままかき混ぜる。
溶けきるのに少々時間がかかります。
が、この時間のためか溶けきった頃にはちょうど飲み頃に。

201302026.jpg
細かい油が浮かんでいるような…バターを入れたチャイのような感じがいたします。
浮いている黒い粒は茶葉かと思いましたが、原材料に紅茶が含まれていないので、バニラと思われます。


香りは控えめ、飲んでみると
……甘い…

平均的なティーカップの容量はせいぜい180mlくらいと思われますので、もう少し容量の多い…200mlは入るマグを使ったのがいいのかもしれません。
というわけで紅茶を追加して甘さを調整。
注ぐ紅茶の量を書いていないのは、お好みでって意味なのね。
(その後公式を見てみたら、通常版ショコ・レは160ccが目安らしいです)


味はまろやかで、バニラの甘さがふんわり香ります。
まるでバターチャイや生キャラメルを食べているような濃厚感。
これは非常にリッチ。特別感を演出できる紅茶…というかデザートですね。
週末にゆっくり楽しむ飲むデザートという感じです。

ラズベリー

ラズベリーはピンク色。
201302027.jpg
仕上がりもややピンクがかった色合いになります。
201302028.jpg
こちらも香りは控えめ、もっとベリーの香りがするかと思いましたが、あまりしません。

やはりこちらも生キャラメルのような口当たり。
甘酸っぱさが感じられるためややスッキリした印象かな。

2つとも同じ紅茶で作りましたが、ベリーはもう少し渋みがはっきりした紅茶で作った方が美味しかったかな…という感じも。


その後家にたまたまあった明治のホワイトチョコを溶かして飲んでみたのですが
紅茶味→チョコ味がずれてやってきて、ちょっと微妙な感じに。
当たり前ですがやはり専用に作られたものは味のなじみが良いんですね…。


お値段は1個290円、3つで約1000円と考えるとちょっと高いような気がしますが
気軽なプレゼント用には非常に適してる感じが致しました。
こういう紅茶用アイテム、もっといっぱい出てくれないかなー(´∀`*)
 
Comment(0)
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]