忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[572]  [571]  [570]  [569]  [568]  [567]  [566]  [565]  [564]  [563]  [562

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

驚きのミントカラー紅茶 チョコミントティーを飲んできた

数年前より、紅茶のお店をあちこち回らせていただいております。
メニューも数多く拝見致しました。
その中で、最もインパクトが強い紅茶はなんだ?と言われれば間違い無くこれだと答えられる
そんな紅茶を飲みに行って参りました。


場所は綱島。
お人柄の良さそうなマスターが一人で切り盛りをするお店「珈琲紅茶専門店 カルディ」さんです。
ちなみに綱島には「カルディコーヒーファーム」も存在しますが、関連があるのかどうかは不明です。
古き良き喫茶店といった感じのムーディーなたたずまい。
メニューを開くと、表紙の裏に登場するのがこちら。


チョコミントティーです。

カップサービスでお値段550円。アレンジティーのお値段としては良心価格ですね。
そしてなんといっても衝撃的なそのカラー。
背景色のピンクが補色となり、より一層際立って見えます。
初回訪問から数年後、ようやく注文してみました。

注文時に、「ホットですか?」と聞かれたので何も考えず「はい」と答えたのですが
よく考えたらポッキーが刺さってるチョコミント味の紅茶をホットで飲むってどうなの…?

不安になったところに、登場した紅茶はこちら。

見本と比べてちゃんとした紅茶色をしておりましたw
写真では青っぽく見えたのですが、使っている色は緑のようです。

飲んでみると、クリームの量が多いためか、紅茶どうのより圧倒的にクリーム味。
その中でほんのりミントっぽい風味を感じます。
チョコ味はあまり感じず、ホットでも安心して飲める味でした。

ただ唯一、しっかり温まったポッキーだけは非常にシュールな味わい。
すっかり溶けきったチョコとしんなりしたビスケット部分がなんとも…
あ、これやっぱりアイスのほうがいいと思います。っていうかアイスで飲むべきだと思いました。
おそらくアイスならパフェ感覚でいけるんじゃないかなと。


それにしても、アレンジティーでも緑色とか、普通無いよね、無いわー
と、言いたいところなのですが実は他にも緑色になるアレンジティーがあります。
日本紅茶協会公式 季節の美味しいレシピ「夏」より
サマーブルースカイです。

公式によると、混ぜるとエメラルドグリーンになるというらしいのですが、
私が作った結果、かき氷の抹茶シロップのような色合いになりました。
ミルクを足せばチョコミントティーと似た感じになるかもしれない。

混ぜた画像はこちらからご確認できます。

ちなみに、見た目の和風さに反して味はかなりさっぱりしています。
気になった方はぜひw



チョコミントティーのほうも、見た目の奇抜さに反して味の組み合わせが非常に面白く、
自分好みの味わいを作って楽しむ事ができそうだなという感じがいたしました。
こちらも気になったかたはぜひどうぞw


====================================
珈琲紅茶専門店 カルディ
港北区綱島西 2-14-1

Tea for Lifeのレビューはこちら

大きな地図で見る
Comment(0)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]