忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[591]  [590]  [589]  [588]  [587]  [586]  [585]  [584]  [583]  [582]  [581

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

氷砂糖の洋酒漬けで紅茶を飲もう

以前にデンメアさんで見かけた氷砂糖のラム酒漬けですが、
Twitterにて「自作しても美味しいですよ。」と教えて頂いたので
思い切って自作してみました。

ただ、あいにくラム酒が家に無かったのでどうしようかとおうちを見回してみたら
調理用のキルシュワッサーがあるではないですか。
これだ!と。
香りが非常に良いお酒なので、これは相当期待できるのではないでしょうか!

これと、チョコミントアイス作成用のミントリキュールに、ピーチリキュールを足してピーチミントにしたものを用意致しました。

手前がピーチミント、奥がキルシュです。


かねてから、氷砂糖は溶けないの?と疑問に思っていたのですが
どうやらある程度溶けたほうがいい?ようですね。
本場ドイツで売られているものの写真を見ると、日本のものより氷砂糖のサイズが小さくなっており、
おそらくですが飲み物に入れた時に溶けきるのが理想なのかなと思われます。
(本来は使う氷砂糖もちょっと違うみたい)

1週間経過した後がこちら。
半分くらいになりました。

もう少し溶かすと氷砂糖がいい大きさになりそうですが、この状態でもお酒はかなーり甘くなっております。
キルシュワッサーのシロップができているという感じ。
ミントのほうも、激甘ですw

早速こちらでアレンジティーを作ってみたのですが、
上手くセパレートできず、何が入っているのか分からない状態に(;´д`)

一応、氷砂糖が溶けたキルシュワッサー、紅茶(ディンブラ)ソーダです。
やはり写真に取るならセパレートしてないとわけがわからないですね…
通常、砂糖がたくさん入っているものは比重が思いので底に沈むのですが、お酒は逆に度数が高いほど比重が軽くなるため、相殺されてる…のかも、しれません。

香りと味は予想通り、ほんのり香るキルシュに爽やかな炭酸がよく合います。
シロップだけだと少し甘さが足りないので、紅茶かソーダのほうに甘さがあるほうがバランスが良いのではないかと感じました。


このキルシュシロップの使い道は…他にどうしようかなと思案中です。
甘さを控えめにして作った紅茶ゼリーにかけるとか
かき氷にかけるとか…
炭酸水で割るとか…?

追記:Twitterにて素敵な活用方法を教えて頂きました。これは想像しただけでヨダレが…勢い余って2種類も作ってみましたが、キルシュはアルコール度数も高いので
消費にはかなりかかりそうですw
 
でもラム酒漬け、絶対ミルクティーに合いますね、これは。
いつの日か作ってみたいです。
Comment(0)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[08/06 やな]
[08/01 ろはん]
[06/23 やな]
[06/22 つとむ]
[04/05 やな]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]