忍者ブログ
Admin / Write / Res

紅茶サイト Tea for Life別館

紅茶サイト「Tea for Life」のブログ部門です。 紅茶ニュース、商品レビュー、紅茶専門店レポなどをお届けします。 Tea for Lifeは紅茶をカジュアルに、もっと身近に楽しむ事を目指しています。
[29]  [28]  [26]  [25]  [22]  [21]  [20]  [18]  [17]  [16]  [15

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リプトン&世界のKitchen メープルティー比較

この秋はメープルティーが熱いですよ!
というわけで、先週発売の「リプトン EXTRA SHOT メープルティー ラテ」と
「世界のKitchenから 煮つめたスパイスとメープルを楽しむミルクティー」を
飲んでみました。

mapletea.jpg

【お値段(税抜き)】
リプトン 240ml    140円
世界のKitchen   200ml  160円

2本あわせるとちょうど300円です。

【色】
写真ではちょっと解りにくいですが、世界のKitchenのほうが少し濃いです。

【香り】
リプトン 比較的、弱め メープルとミルクの優しい香りです。
Kitchen  けっこう香る。紅茶香料がメインだけど、メープルの香りも言われてみればするような・・・

ってスーハーやってるうちに鼻がバカになってきたような・・・よくわからんw

【味】
肝心のお味です。

リプトン 主に牛乳味。紅茶の味を楽しみたいなら本家EXTRA SHOTのほうがいいのかも。
でもメープルとはちょうど良いバランスだと思います。

世界のKitchen   や、やはり甘いwwwこのシリーズのミルク系は容赦ない甘さですね。
そして、ショウガの風味が・・・スパイス系がちょっと強いかな。
若干塩味っぽいものも混じってるというか。重厚です。


とても大雑把にまとめると

世界のKicthen 濃い・甘い・味が複雑・紅茶の香り
リプトン  すっきり・シンプル


という感じでしょうか。

純粋にメープルティーを楽しみたいなら間違いなくリプトン。
濃厚なのがお好きなら世界のKitchenですかね。


うーん、私はやっぱり砂糖のほうが・・・(ry


にほんブログ村 グルメブログ お茶・紅茶へ
ブログランキング参加中
Trackback(0) Comment(2)
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
※スパム対策のため現在URLの入力があるコメントは登録できません。
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
「セカキチ」ようやく見つけて飲みました。
おっしゃるとおり「複雑〜」いろいろ混ぜ過ぎですかね。
今まで飲んだあらゆる飲み物の中で一番残念な味だと感じました。
まだ2口しか飲んでいません。
私もメープルシロップと紅茶はお互いの良さがぶつかって相性はよくないように思います。

リプトンも飲んでみようかと思ったけど、やめました。
期待が大きかっただけにガッカリです〜。

cerestia URL 2009/09/10(Thu)22:46 編集
むーん
あうう(+_+)残念でしたか。
という私も、全部飲みきれませんでした。
じっくり味わうタイプの飲み物というか・・・ちょっと重いですよね。

美味しい紅茶を飲んで元気をだしてください~
きっと次の世界のKitchenは美味しいものが出てくれるはず~
糀谷やな 2009/09/10(Thu)23:23 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
糀谷 やな
自己紹介:
紅茶好き、紅茶と名のつくものには何でも釣られます。
紅茶専門店は170店舗巡ってます。
管理人へのご意見・ご感想は

まで。


ホームページはこちら↓↓
バナー
最近反響があった記事
最新コメント
[03/10 やっと閉店]
[12/25 12/27最終営業日]
[12/03 ついに廃業]
[11/01 最近電話が不通になりました]
[10/31 最近電話が不通になりました]
お役立ち紅茶ツール
紅茶屋マップ
(今は)首都圏の紅茶屋さんマップ。「このお店追加して」を随時受け付けております。
紅茶アンテナ
はてなアンテナ。紅茶店のホームページ更新状況がわかります。
ブログ内検索
カウンター
PR
Copyright ©   紅茶サイト Tea for Life別館 All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]